2003年まで、大阪の枚方市では毎年大きな花火大会が開催されていました。

その規模は大阪府下で二番目に大きな規模で、歴史は古く、なんと昭和31年から開催されていました。

2003年の花火大会の様子 こちらは2003年の花火大会の様子。かなりたくさんの人が集まっています。

しかし様々な問題で中止になってしまいました。

  1. 1.明石の花火大会の歩道橋事故をうけて全国的に花火大会の自粛の流れがあった
  2. 2.明石の事故以降、警備強化をするよう警察から指導があった。それを受け警備費が莫大にかかるようになった。
  3. 3.枚方市の財政難で市が補助金を出せなくなった。
  4. 4.運営に携わる人員が非常に少なく、花火大会前は1〜2ヶ月仕事ができないほどの状態だった。
  5. 5.音がうるさい・事故・ケンカなどが絶えず、クレームを言われていた。
  6. 6.多くの市民が見るだけの観客、花火大会があって当たり前になっており、影で努力している人への感謝も薄かった。
  7. 7.不況による協賛金(企業や個人からの募金)が不足していた。

現状の課題は「安全面」、「賛同」の3つです。

花火大会を復活させるためには、現状大きな課題が2つありあます。

1つは安全面。花火大会を開催すると多くの人が来場するため、道路は交通規制をかける必要があります。交通規制をかけるためには警察との協議に最低でも2年は必要になります。現状は交通規制をかけるために関係各所と協議をしている段階です。

そしてたくさんの人が集まるのでそれ相応の警備が必要になります。
警備を強化するには当然お金がかかり、より多くの協賛金を集めることが必要となってきます。

そして、2つ目に番重要なのが
「花火大会を復活させたい」という市民の方々の気持ちと、ご協力です。
一人でも多くの方のお力が復活の歩みを進めることになります。

我々Light up OSAKAにできること

一般社団法人Light up OSAKAは地元枚方市の花火大会を復活させたい、そんな熱い思いを持ったメンバーが集まって活動をしているボランティア団体です。

元々は代表の井關が地元でBARを経営しており、仕事柄夏になると枚方で花火を復活して欲しい!子どもの頃に観た花火をもう一度観たい!という声をたくさん聞いたのがきっかけです。

開催されなくなってから10年以上経つ花火大会ですが、 今もなお多くの方達の思い出に深く刻まれており 愛されていた花火大会。 惜しまれつつもなくなってしまった枚方の花火大会を復活させたい。 その実現に向けて団体を設立しました。

みんなで一緒に枚方で花火大会を復活させましょう。

①まずは知ってもらう
枚方で過去に花火大会があったこと、それを復活させようという運動がある、ということをもっと多くの方に知って頂くことが肝心です!

②シェアする
TwitterやFacebook等はもちろん、LINEや友達との会話から井戸端会議まで、どんどん情報をシェアしていってください!Twitter・Facebookでは最新情報を随時更新しております。是非リツイート・シェアをよろしくお願いします。

③参加する
Light Up Osakaではイベントでのボランティアの募集も行っております。実際にメンバーの一員となり、イベントを盛り上げましょう!

③参加する
Light Up Osakaではイベントでのボランティアの募集も行っております。実際にメンバーの一員となり、イベントを盛り上げましょう!

④応援する
よろしければ、個人協賛・企業協賛を募集しておりますので是非よろしくお願いいたします。(本年度のお申込みは終了いたしました)

枚方でもう一度花火大会を!みんなで実現させましょう!

枚方で多くの人が楽しみにしていた花火大会。一度無くなった花火大会を復活するのは決して簡単ではありません。

しかし、みなさま一人ひとりの応援、ご協力のお力をいただき、毎年着々と歩みを進めています。

花火大会としての開催まであと一歩。どうか、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。